黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ

黒崎知岳のスポーツの情報共有を共有していくブログです。

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!日本清宮が2軍降格決定

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

ドラフト1位の清宮幸太郎内野手の2軍降格が決まりました。

西武に逆転勝利した後、

栗山監督が清宮の出場選手登録を抹消するとして、

「頭を真っ白にしてやってきてほしい」と語りました。

清宮はここまで21試合に出場していて、

打率・179、1本塁打、2打点。この日は出場機会がありませんでした。

 

9日のオリックス戦は、ディクソンから右翼席へ特大のプロ初アーチでした。

デビュー戦から7試合連続安打を放つなど、存在感を示しましたが、

71打席で28三振を喫するなど、プロの壁に阻まれました。

 

実戦経験をよりたくさん重ねることを優先して、

29日から交流戦を迎える節目のタイミングで栗山監督が決断を下しました。

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

バドミントンの国別対抗戦、

男子トマス杯と女子ユーバー杯出場の日本代表の発表会見が都内で行われました。

女子は前回3位で今回は81年以来の6度目の優勝の期待がかかっています。

 

主将の高橋礼華は、こう話しました。

「日本のレベルはすごく上がっています。

目標は優勝。日本らしく粘り強く、チーム一丸戦いたい」と王座奪取を誓いました。

 

男子は14年以来の優勝を狙います。

4月のアジア選手権で優勝し、
復活を印象づけたエースの桃田賢斗は、

「目標は優勝です。全勝してチームに貢献したい」

と2大会ぶりの大舞台に意欲を示しました。

 

またヨネックスの日本代表の新ユニホームも発表されて、

今回のデザインは、鷲や鷹の羽根をモチーフとした模様の

矢羽根となっています。

胸スポンサーは、昨年に続きダイハツ工業となりました。

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

 

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!石川遼が首位と4打差「ショットもパットも不安はなくなってきた」

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

2年ぶり大会出場の石川遼は、

カシオ=は6バーディー、

2ボギーの68で首位と、4打差の4位と

過去6度中5度予選落ち苦手大会で好スタートを切りました。

 

前半は16、17番でともに第1打大きく右に曲げると、

パープレーがやっとでした。

後半1番でティーショットをフェアウェーに運び、

第2打を50センチにつけるバーディーで勢いにのると、

2番でも10メートルを沈めるバーディーで

後半に4つスコアを伸ばしました。

 

「ショットもパットも不安はなくなってきた感じで、

やればやるだけ不安がつもっていく感じだったけど、

先週1週間から昨日にかけていい練習ができて、

良い方向に行っている」と手応えを明かしました。

 

開幕前には、

「問題を起こさないではなく、

いかに起きたときに解決できるか」と、

第1打を曲げたとしても、

リカバリーをキーポイントにあげていました。

後半からはティーショットが復調し、

「国内開幕戦の東建の時やその前の地区オープン時の

ドライバーショットの精度に近づいている」と、うなづきました。

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!菅野が5回までわずか49球!勝ち投手権利を得る

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

巨人先発菅野は、5回まで1安打無失点無四球と

安定の投球をし、ヤクルト打線を49球で封じて勝ち投手の権利を得ました。

 

4回1死の山田哲の対戦では、

追い込でから内角高めに投じますと、

山田を中途半端なスイングでよろけさせて、空振り三振を奪う瞬間もありました。

 

巨人打線は初回に2点を先制しました。

1死から出塁した、吉川尚の好走塁が光りました。

1死一塁でゲレーロの左線二塁打で、

一塁走者の吉川尚は迷わず一気に本塁に突入して、

先制点をもぎ取りました。

さらに1死二塁で続くマギーも、

左線適時二塁打で2点目が入りました。

チーム6連勝へと導き、

幸先いいスタートとなりました。

 

5回には先頭の坂本勇が、

二塁内野安打で出塁し、吉川尚が三塁方向へ犠打を決めました。

その後三塁手の西浦が前に出て、

三塁ベースがあいていたので、

坂本勇は一気に三進を狙いました。

クロスプレーとなって一度はセーフと判定されましたが、

ヤクルト側のリクエスト要求でアウトとなりました。

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!広島2発快勝!長崎は連勝4でストップ

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

首位サンフレッチェ広島が、序盤より主導権を握り圧勝しました。

パスワークで翻弄し、

前半はほぼV・ファーレン長崎陣内でプレーし、シュート数も圧倒した。

 

長崎は防戦一方で相手のミスに乗じて、

一発カウンターを狙うのが精いっぱいとなり、対照的な戦いでしたが、

両チーム決定打がなく0-0で折り返しました。

 

後半も広島ペースで始まって、

早々に左クロスから、先制と思われる場面がありましたがクロスバーに阻まれました。

その後も猛攻し、同7分に右クロスを後半のスタートから

入ったFWティーラシンが決めて待望の先制となりました。

同14分にDF佐々木翔が左CKを頭で決めました。

平和記念マッチと位置の試合でしたが、

長崎はホームで完敗し連勝は「4」で止まりました。

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!甲子園で複数投手制が定着!個性派も増える

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

甲子園大会誕生から100年以上がたった現在、

複数投手を擁しての戦いが、現在の甲子園の基本になった感じがあります。

 

ベスト8の中の7校が先発投手を代えながら戦いました。

星稜も、竹谷―奥川の継投を確立していました。

 

中でも気になったのが三重の投手起用です。

定本、福田が完投したあとに、

準々決勝は他の2投手で八回までしのぎました。

ベスト8以外でも国学院の栃木、近江などが複数投手を使いこなしたのが印象的でした。

 

投手の生きる道は、球速だけではなく、

右横手投げの三重、福田は外角への制球力が抜群でした。

同じチームに定本、山本という速球派がいるため、

腕振りを下げ、球の切れと制球力を磨いたそう。

 

最近の甲子園では複数投手制の定着により、

個性派の投手が増えてきています。

今後もどんな素晴らしい選手がでてくるか楽しみですね!

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!

黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログ!イチローがマリナーズ凱旋に4万人観衆に大興奮!ファンの歓迎ぶりは「鳥肌もの」

いつも黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログを見て頂きありがとうございます!

今日も黒崎知岳がスポーツ情報を発信していきます!

 

マリナーズ本拠地セーフコ・フィールドで復帰戦にでたイチロー外野手。

インディアンスとの開幕戦で9番、左翼でスタメンで出場して、

同球場史上最多となる4万7149人もの大観衆から大歓声を浴びました。

2打数無安打で、8回の守備から交代して、

快音は残せなかったものの、チームは2-1と白星発進しました。

2012年のレンジャーズ戦以来、

なんと2083日ぶりにマリナーズの選手として、

イチロースズキ」のアナウンスと一緒に

背番号51の姿が大スクリーンに映しだされると、

場内は歓喜の声に包まていました。
その後も打席に立つたびに鳴り響く「イチローコール」。

素晴らしい盛り上がりでした!

 

これからも、黒崎知岳のスポーツ情報共有ブログに遊びに来てくださいね(^_^

ありがとうございました!